人気の物件であるシェアハウスの投資をして儲けよう

転勤中の留守宅を管理する

女性

離れていても心配無用

近年は国内の転勤や海外赴任などによって家族そろって一定期間自宅を留守にするという事例が増えていますが、こうした場合に利用すると便利なのがリロケーションというサービスです。リロケーションとは元来は「移転」「配置転換」というほどの意味を持つ言葉ですが、現在は住居移転に伴う留守宅管理サービスを指す言葉として知られるようになっています。さらに狭義には、留守宅を賃貸住宅として利用し、その管理を行うサービスのことをいいます。リロケーションを利用すれば、赴任期間等が終了するまでの間、自宅を安全に守ってもらえます。そればかりか、家賃収入を得ることも可能です。資産の管理と運用を同時に実現してくれるサービスとして人気を集めています。

賃貸住宅として活用

リロケーションサービスによる留守宅活用には、定期借家制度が利用されるのが一般的です。定期借家とは、契約期間を自由に決められる代わりに更新を行わないという賃貸借契約の一形態です。これをベースにして留守宅を貸すことで、たとえば赴任期間が3年ならば3年の間だけ賃貸住宅として供用し、戻って来ると同時に再び元の自宅で暮らすことが可能になります。リロケーション会社は、この期間限定の賃貸住宅に係る管理・運営を行います。契約を仲介する場合といったん借り上げて転貸する場合との2つの方法がありますが、いずれにしても入居者の募集や家賃の収納、清掃、修繕といった必要な業務はすべて代行します。万一のトラブル対応もすべて任せることができます。