人気の物件であるシェアハウスの投資をして儲けよう

今人気の投資方法

集合住宅

何もしなくてよいメリット

不動産投資には方法がいくつか存在します。不動産の価格を対象として売買を繰り返す方法もありますが、長期的な運用として人気なのが、家賃収入を得ることが目的とする投資方法です。しかしノウハウや経験が必要となるこの投資方法は一人ですべてを行うのは難しいのでが現実です。サラリーマンなど副業で行う場合には、マンション管理会社や不動産投資会社などの支援を受けて初めて成立するケースが多くなっています。その中で人気になっているのがサブリースです。サブリースは転貸借を利用して運用する方法です。所持している不動産を転貸借し、サブリース会社に運用をしてもらう事です。転貸借の料金は毎月収入として入ってくるため、特に運用などは必要ないことが魅力になっています。

値下げに注意

サブリースは転貸借ですが、サブリース会社もそれで利益を得て生計を立てています。どんなに運用が上手な会社でも、需要がなければ運用を行う事はできません。そのため、サブリースの料金は、築年数が経過すると低下することが一般的になります。長期契約が可能である事がうたい文句になっている会社もありますが、契約更新は定期的に行われることになっています。主に2年ごとの更新が一般的です。更新時期には転貸借料金の引き下げ交渉が行われます。名称では交渉になりますが、実態として交渉することはできず、応じなければ解約になるケースがほとんどです。そのため、ローンなどで不動産を購入している場合には、その金額を下回り、採算が合わなくなるケースもあることに注意が必要です。